チャリティーショーのお知らせ

訪問ありがとうございます!
6月12日のチャリティーショーのお知らせです!
b0223542_1235425.jpg

6月12日(日)13:00開場 13:30開演
熊本県立劇場演劇ホール
入場料大人1000円、子ども500円(小学生以下 3才未満無料 座席が必要な場合有料となります)
b0223542_21521876.jpg


イオケピネ ポリネシアン ダンス トゥルップ 
2004年熊本にて結成
イオケピネとは私達の先生、ジョセフィン・上田のハワイアンネームです。

ポリネシアンダンスとは、ハワイのフラ、タヒチのタヒチアンダンスをはじめとする
南太平洋の島々で踊られているダンスの総称です。
私達はポリネシアンダンスを通じて異文化を学び、
自分自身の向上と、楽しさや喜びを分かち合う事を目的としています。

家族(オハナ)として私達がお互いに強さと愛を得る事が
私達を結びつける接着剤となっています。
この世に生を受けた ただ一つの命 叶うものなら救いたい
それらをもっと広げるものが 私達に与えられた使命だと思います by ジョセフィン・上田

2007年よりチャリティーショーを開催し、
フィリピンの恵まれない子ども達を支援している非政府、非営利団体に義援金を送ってまいりました。

1年目はフィリピンABS-CBN財団 
 "Bantay Bata 163 Foundation”

ABS-CBN基金とは、両親から虐待を受ける子どもや障害を持った子ども、
社会より孤立している子ども達に教育を施し自立させるためのプログラム等を行っています。
 Bantay Bata (バンタイバータ)とは、"お世話する事” を意味しています。
 
2年目は、ダバオ市にあるNPO(非営利団体)である
Barlay Pasilungan (バライ パシルンガン)
バライは、タガログ語で家、パシルンガンは避難所、子ども達の「シェルターハウス」の意味を持ちます。
彼らは、親に捨てられ住む家も無く、経済的、社会的に孤立している子ども達に、衣食住の提供をし、また教育や精神的ケアを施して社会で自立させるためのプログラム等を行っています。

3年目は、ダバオ市の公立病院ダバオ・メディカル・センター内にある、
「Davao Children's Cancer Fond」(ダバオ市子どもガン基金)
ガンは治療が可能な病気です。しかしながら、ダバオ市においてガンに侵された子どもの多くは、経済的理由などにより適切な治療を行える病院に行く事も無く、医師にかかることさえできずに亡くなっている現実があります。
ここには、病気の為に親から見捨てられた幼い子ども達がいます。


皆様の暖かいご支援のおかげで、それぞれの団体に日本円で30万円を寄付することができました。
ショーの運営に関しては全てボランティアによる協力で行っています。
ありがとうございます。


5才から永遠の乙女たち、メンバー皆で力を合わせて作り上げる楽しいポリネシアンダンスのショーです。
今回は熊本ろう学校の子ども達、熊本のインターナショナルスクールの子ども達も出演して頂ける予定です。
ショーの最後には抽選会もあります。

たくさんの方々へ笑顔が届きますように!
是非みなさまお誘い合わせの上ご来場下さい。

チケット取扱店 
KAPUA & SAGE 〒860-0834熊本市江越2-15-18
tel 096-379-1887


DAHLIA 熊本市水前寺3-8-4-1F
tel 096-381-9393
http://dahliazusa.exblog.jp/

Hair PANORAMA 〒862-0975熊本市新屋敷1-22-11-1F
tel 096-371-0230


また、イベント出演や、慰問など、少しでも皆様のお役に立てたらと思っています。
何か機会がありましたら、お声掛け下さい。
どうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]
by johnnyme301yuki | 2011-05-23 12:14 | イベント